栃木県 佐野市 愛育幼稚園 園長挨拶

愛育幼稚園は、愛で育む幼稚園です。

花の成長に水や太陽が必要なように、幼児期にこそ必要な教育があります。
私たち愛育幼稚園は、明日をになう子ども達の心身ともに健やかな成長を願い、家庭との連携を図りながら、幼児の発達の各時期(発達段階)や季節にふさわしい、 いろいろな経験や活動、一人一人の発達の特性に応じた指導、バランスのとれた保育を行っています。

特に私達が大事にしているのは、心の育みと自律をうながす基本的生活習慣を培うことです。幼児期において、 最も大切な人間性(やる気、思いやり)創造性(考える心)感受性(感じる心)耐性(根気、がまん)社会性(友達とのふれ合い) そして、知性(かしこさ)など、将来、大きく伸びるための芽(後伸びする力)を育てることです。 子どもの発達は段階を経ることで大きく伸びていきます。

各学年1クラス(年少、年中、年長)、先生の目の届く人数の中で、先生が担任するクラスの子だけでなく、全ての子ども達の名前を覚えられる、保育をやらせていただいています。
担任の先生だけでなく、全員の先生が、子ども達の成長を見守っています。

広々とした園庭、点在する遊具は、緑の木陰にあります。保育室に陽射しの差し込む明るい園舎には、子ども達の元気な歌声と笑顔があふれています。 暖かく家庭的な雰囲気の中で、楽しく、愛情のこもった保育実践に、教職員一同、日々、努力しています。

どうぞ、小さなお子様をお持ちのご両親は、ぜひ安心して私たち愛育幼稚園にお任せ下さい。私たちは、大切なお子様を愛情いっぱいに育む、愛育幼稚園です。

Copyright(C) 2008 aiiku-youchien